秋は順調に景色を変えてきました
毎年季節は移っても変わることなくその時季になると磐梯山は中腹まで紅葉が降りてきて、猪苗代湖は穏やかな湖面を広げまるで、シベリヤからの白鳥を何時でも迎え入れるかのように毎年同じような光景を見せてくれます。 我が家の庭でも赤、黄、茶色の木の葉が、地面にまるでおはじきを散りばめた様に落ちています。色づいた葉と一緒にドングリや山栗の実も落ちていて秋の気配を感じています。今年の夏は天候に泣かされましたが、秋は今のところ順調のようです。
2017-10-1
いつの間にか秋の気配が
今年の夏は日照不足、長雨、ゲリラ豪雨、と夏らしい天気にはトンと巡り合うことの少なかった年でした。お陰で、というか残念というかツーリングプランもバイクから車に変更されたお客様のなんと多かったこと。紅葉の時期に再度ツーリングで来ると言って帰られた方もおりましたが、その時また悪天候だったらどうしようと今から心配している自分に情けなくなります。久しぶりにゆっくりと庭を掃除しました。いつの間にか栗の木の下に小さな実が落ちていました。天候不順でも秋は確実にもうそこまで来てるんですね。
2017-8-21
ガーデン風呂改修工事
前回でご案内したガーデン風呂の上り框は前回同様シバ材にて工事完了しました。 まっさらな框で入浴気分も上々。
2017-7-25
ガーデン風呂の框取り換えます
オープン以来大きな工事や小さな工事、改装、改築を重ねて今の姿になりました。お客様からの要望、希望もありましたが、お客様の気持ちを先に推測して(所謂忖度ですね。)手直ししたものも多々ありました。ペンションは宿泊業でありながら施設業でもあり、施設を維持していくためにはどんな小さなことでも気になることがあれば手直しは欠かせません。さて、今回はガーデン風呂の框の取り換えです。框はヒバ材で出来ていますが既に10年ほどたって黒ずんできて、お風呂としては貫禄が出たところではありますが、やはりシミのない真新しい框に囲まれたほうが気持ちがいいのでガーデン風呂の框取り換え工事をすることにしました。
2017-7-4
幼い頃の思い出再び
まだ梅雨入りにはちょっと早いものの、ここ何日かはっきりしない天候でなかなか外に出られず館内でうずうずしております。マグロの生まれ変わりかと思う程、常に動いていないとダメな性分でストレスが溜まって死にそうです。窓から庭を見てはため息。いろいろな種類の花が咲いている庭を一人窓から見ています。花の移り変わりを9月頃まで見ることが出来るのは最高ですね。晴れた日は1日1回は庭を一巡することが日課でもあり楽しみでもあります。いつの間にか花が芽を出していたり、忘れていた花が芽を出したり、植えた記憶がないので多分リスが秋の間に隠したドングリやクルミの実から芽が出ていたりと、新しい発見が沢山あります。川のせせらぎはないものの、昼間でも薄暗い森、トンボが羽化するビオトープの池、木々から聞こえる鳥のさえずり、蝶々や虫が集まる花壇と、幼い頃の思い出をちょっぴりと再現したのがこの庭です。
2017-6-6
磐梯山山開きです。
昨日は磐梯山の山開きでした。あいにく時折雨の降る中3000人がまだ雪が残る登山道を踏みしめて頂上を目指し、いよいよ夏山のシーズンになりました。磐梯山は福島を代表する山で日本百名山にも選ばれていて登山道は6か所あり、お手軽な八方台駐車場からは2時間30分程で頂上到着です。頂上に立つと360度の眺望で飯豊連峰や眼下には猪苗代湖、檜原湖、裏磐梯の湖沼群が見られ1816メートルとさほど高くはないので中高年に人気の山です。また、この時期は喜多方の雄国沼も7月上旬から中旬にかけてニッコウキスゲが沼一面を埋め尽くします。1泊2日で登山とハイキングはいかがでしょうか。
2017-5-29
庭の片隅でひっそりと咲いてます。
今日で恒例の千葉からの修学旅行も終わりました。このところゆっくりと庭を散策する余裕もなく雑草も含めて花も伸び放題になっています。今,見頃は水仙、カイドウ、河津桜、八重桜、モクレン、ドウダンつつじ、花桃、チューリップ、で間もなくオダマキやルピナス、スズラン、つつじ、が見ごろを迎えます。そして庭の一番目立たないところには県の『レッドデータブックふくしま』で準絶滅危惧種に指定されている貴重な植物のシラネアオイが群生していて人知れず今年も咲いています。一番貴重な花が今、庭の片隅で見頃を迎えています。
2017-5-16
会津の桜
会津は盆地ですので会津の中心から放射状に上へ上へと桜が咲きだします。鶴ヶ城を中心にして今は盆地の中腹あたりでしょうか。会津には会津五桜と呼ばれる銘木が会津近辺の市町村にあります。猪苗代の『いわはし神社』にも五桜のうちの一つ大鹿桜がありますがまだ開花しておりません。また、亀ケ城祉も桜の名所です。そして何より見事なのは観音寺川の桜並木です。護岸工事されていない川の両岸に約200本のソメイヨシノが植えられていて満開の時は川面に映る桜は見事です。花が散って川面に流れてもこれぞ花筏と言うにふさわしい光景です。今日現在まだ蕾でこれから楽しめます。写真は満開時の光景です。
2017-4-26
雪山の上に除雪機!!
ここは駐車場の前の第2ガーデンの雪を除雪するために登った除雪機です。今年も結果的には例年通りの積雪でした。上からのの字を書きながら降りていき徐々に雪を駐車場へ投げて溶かします。暖かい日を選んではこの除雪機で雪を除いていくことが毎日の日課となっております。 1日も早く雪を取り除き、土に陽を当てて花芽を出して花を咲かせてやりたいと思います。 2メートル以上はあるこの雪山も来月中旬頃でほぼ消滅してゴールデンウイークを迎えるはずです。
2017-3-29
暴風雪と暮らす
1日中強い風と細かい雪で視界が悪く全く外にも出られない状況。俗にいうブリザードです。スキー場もリフトは止まり宿泊の方が本日はいなかったのが幸い。毎年シーズン中に1回から2回こんな日があります。かって自宅から郡山に行く時にこの気象現象に出くわして中山トンネルまで通常30分で行くところなんと2時間30分もかかったことがありました。道中ライトは勿論ハザードランプも点滅しっぱなしで前と後に十分注意して何とか無事に辿り着きました。何日も外に出られないこともあり通常の生活に困窮をきたすこの現象も、東北地方では逆手にとってこれを体験するツアーもあるんですよ。
2017-2-3
空気のきれいな施設に認証されました。
家族全員喫煙習慣がなく、また宿泊客の皆さんの要望に後押しされて、いち早くたばこ対策を始めたのがもう15年も前のことでした。当初は客室のみでしたが食堂も含めて禁煙にし喫煙は喫煙室のみと分煙化したこともありましたが、受動喫煙防止対策として喫煙される方には大変申し訳ないと思いつつ完全に館内禁煙とし現在に至っております。その結果館内たばこの臭いはなく、とても快適に過ごせます。今般、福島県より空気のきれいな施設の認証を受けました。県のホームページには認証施設が掲載されておりますが、職業分類ではさすが宿泊業はありません。
2017-1-18
雪不足も解消
この年末年始は雪不足でお越しいただいた方に満足にスキーを楽しむことが出来ない状況が続きました。そして、1月12日から続いた雪で雪不足も解消され、今はこんな状況です。まるで、斉藤清の版画に出てくる会津の雪景色の光景です。おかげで除雪作業も毎日ホイールローダーや除雪機がフル稼働、1日4回といった日もあって体はもうくたくたです。天気予報を以前はいつ寒波がやってくるのかと先々まで目を皿のようにして注視していましたが今はいつ青空が来るのか目を皿のようにして天気予報を注視しております。磐梯山を仰ぎ見れる青空、切望してます。
2017-1-14
本格的に雪が降ってきました。
いよいよスキーシーズンのプロローグです。11月の後半に初雪がありましたがさらっと降っただけですぐ融けスキー場も人工降雪機をフル稼働してゲレンデ整備をしていましたが、この雪でホッとしたのではないかなと思います。我が家も除雪機やホイルローダーを整備していつ雪が降ってもいいように準備だけはしていたものの、内心やきもきしていたところです。週間天気予報でも雪だるまマークがちょこちょこと出ています。これからは三寒四温ならぬ三寒四雪で少しづつ、ここ会津も雪で覆われて行くことを願っています。
2016/12/08
館内は植物園
グリーンシーズンの間は庭のあちこちに置いておいた鉢物で冬季屋外で育てられないものは冬支度の作業と同時にすべて館内へ移動しました。玄関からロビー、リラックスルームそしてガーデン風呂まで所狭しと緑、緑のオンパレードで植物の嫌いな方は卒倒しそうな館内の景観です。これから4月まで水やりや暖炉の温度に気を配りながらの生活が続きます。半日蔭を好むもの、陽を好むもの、乾燥を好むもの、湿気を好むものと多様な植物の嗜好もこれから暫らくは同じ条件で我慢をしてもらいます。斉藤清氏の『会津の冬シリーズ』のような雪に閉ざされ鉛色のどんよりとした世界でじっと我慢をする東北人と何かここの植物も似ています。
2016/11/20
磐梯町は仏都会津の中心でした。
磐梯町はかって会津仏教文化の中心地として栄えた町で、その中心の慧日寺はペンションから車で20分ほどのところにあり、平安初期の高僧徳一が創建したと伝えられております。戦乱や度重なる火災で消失し当時の建造物は残っておらず近年慧日寺の敷地跡に金堂や中門を再建して昨年は126万人が見学に訪れているそうです。そこで、慧日寺周辺の民家を門前町の雰囲気に再現、歴史を反映した街並みづくりを進め参道周辺の民家を歴史情緒が感じられる古民家風に改修する取り組みが始まり、改修が進めば大内宿のような観光地に変貌します。是非見に来てください。
2016/11/9
ベッドを入れ替えました。
ペンションライフの中で、たったひと晩の睡眠でも快適に過ごしていただきたいと考え先日家具専門店へ行ってベッドを交換することにしました。 シモンズはマットレスが弾力性にとても優れている感じ、併せて寝心地がとてもソフトで、安定感もあります。また、床とベッドの間が8センチほど空いているので掃除がしやすく常に清潔に保たれます。 ベッドはお風呂や客室、食事に比べると地味な備品ですが、眠ることは人間にとって一番大切なものです。 客室B,C,Dタイプは勿論、これでAタイプも全てシモンズに入れ替えて全室シモンズベットに変わりました。
2016/10/3
年末年始の予約受付始まりました
今日から10月。今年も早いもので後2か月を残すのみとなりました。例年通り、本日から年末年始の予約を受け付けさせていただきます。が、スキーを兼ねての宿泊は、雪の状況が最近では予測しずらくなりご迷惑をおかけすることとなりますので、雪が少なくスノーマシンでのコースでも可、スキーもいいけどペンションで年末年始をゆっくり過ごそうというお客様を優先的にしたいと思います。冬の会津も観光するには見どころ満載です。館内では暖炉が赤々と燃え体を温めてくれます。、
2016/10/1
ちびっこ広場に遊具復活
5年ほど前まで第3ガーデンに設置していた遊具類。ひとときはずしておりましたが、子供連れのご家族も増えてきましたのでこの夏からシーソー、ハンモック、ターザンロープをまた復活しました。遊具に限らず設置してある補虫網で蝶々やトンボを追う子供たちの歓声も森の中から聞こえてきます。また、家族や二人連れの宿泊客も、そこ、ここ、の木陰に置いてあるベンチやウッドデッキに思い思いに座って森から来る涼しい風を受けて時間を過ごしております。
2016/8/30
源泉注入
毎回1000㎥の源泉(単純泉)をお風呂に注入しております。 ここ七ツ森は掘り下げていけばきっと出るとは思うのですが個人では莫大な費用も掛かるので宝くじでも当たらない限り残念ながら温泉を汲み上げることができません。でも、少しでも宿泊されたお客様に浴室のみならず温泉気分を味わっていただこうと業者に頼んで毎回源泉の温泉を運んでもらい、浴槽に入れてもらっております。湯上りは湯冷めすることもありません。そして隣設のリラックスルームのマッサージ機で体をマッサージ。極上の時間を過ごしていただけます。只今夏の予約受付いたしております。
2016/7/1
見上げてごらん
この季節、庭にはいろいろな花が咲いているのですが、前回ご報告した時は雪解けまじかの頃でした。庭の花は百花繚乱とは言い過ぎですが第1ガーデンから第3ガーデンまで毎日そこここで新しく花が咲き毎朝の散歩は発見の連続でウキウキします。上を見上げると何時の間にか木々の枝から芽吹いた黄緑色の葉が重なり合って、その緑の中シジュウカラでしょうか今子育ての真っ最中で朝早くから虫をせっせと巣へ運んでとてもいい声で鳴いてます。この画像は第3ガーデンのコナラや山桜を見上げて撮ったものですが、独り占めするにはもったいない光景です。
2016/5/19
冬のシーズンもいよいよ終わりゴールデンウィークの予約受付中
猪苗代湖の白鳥たちはシベリアへ向けて北帰行。山岳道路はゴールデンウイークに向けて道路の除雪が始まり、スカイラインは4月8日オープンです。いくつかのスキー場も今シーズンの営業を終了し、来月から始まるゴールデンウイークに焦点を当て自然も、施設もそして街も徐々に衣替えを始めました。ペンションも敷地内の冬囲いを解き無彩色からパッと明るい有彩色に衣替えして冬から春へ。ゴールデンウイークの予約も受け付け始めました。
2016/3/27
アルツ磐梯スキー場情報
毎週末アルツ磐梯スキー場よりご覧のようなファックスが入ってきます。当日の天候やら積雪、リフト運行状況、コース状況等です。シーズン初めは御多分に漏れずここも雪不足でファックスが届いてもフロント前に掲示するのが辛かったものですが、今はご覧のように全て○です。世の中どんどん技術開発が進んでも雪不足という自然現象には逆らえません。雪不足でも自然は自然のままでいいと思います。話を元に戻して今回のファックスにはプレミアム駐車場(センターの一番近く)先着9台まで3000円で登場。駐車場スタッフにお申し出下さい。通常の駐車場は当ペンションでリフト券購入で無料です。
2016/2/6
アルツ大感謝祭のご案内!!
星野リゾートアルツ磐梯スキー場で1月12日より17日の6日間大感謝祭と銘打って1日リフト券を何と大人も、子供も、シニアも1000円で購入できるキャンペーンを行っております。通常の宿泊パックの特典である駐車料無料やレンタル割引も本券の提示で対応できます。宿泊する方はもちろん宿泊されない方にもお渡しいたしておりますので是非このチャンスをお見逃しなく気楽に森のバスケットへお立ち寄りください。期間1月12日より17日までです。
2016/1/12
あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 1年の計は元旦にあり。早速今年の施設や設備の改装を練っております。暖冬のせいか今のところ雪も少なく巷ではよいお正月をお迎えのことと思います、が冬季は雪を頼みの生業としては少々気をもむ年明けとなりました。まあ、そのうち会津の冬らしくドカッと降るとは思いますが、あせらずあせらずここはじっと我慢です。年明けからハラハラドキドキの年初めになりました。
2016/1/1
冬将軍初見参!
初雪です。久しぶりの雪の感触を楽しみました。昨年は初雪が14日で昨年よりも10日ほど遅い降雪です。各スキー場もこの雪を境に人工降雪機で雪を作りゲレンデの整備に入りました。猪苗代は12月初旬、アルツ磐梯とリゾートは12月19日、グランデコは今月28日それぞれオープンです。我が家も薪を充分蓄えてこれから迎える厳しい冬に暖かいストーブで宿泊の方達を迎える準備は完了です。
2015/11/25
スキーパック予約開始しました。
2016winterのスキーパック料金はホームページの【空室状況/宿泊料金】欄冬季限定プランにて掲載しております。今年も昨年同様大変得々プランになっておりますので週末予約は早めにお申し込みを。冬季限定得々プランはホームページまたはお電話からの直接予約になります。 アルツ磐梯スキー場のオープン日は12月19日(土)いよいよスキーシーズン到来です。
2015/11/01
新米をお出ししております
今年も会津のお米は上出来だそうです。猪苗代の稲穂も重くこうべを垂れて磐梯山の秋に、彩りを添えています。白鳥もすでに猪苗代湖に飛来していて裏磐梯の中津川渓谷も今が見頃。これからペンション村も山桜の紅葉、カラマツの黄色とまるで絵に描いた様な景色を見ることができます。そして、契約農家の美味しい新米を食せばもう言う事なしです。
2015/10/14
ビオトープは、早くも冬支度完了
早いもので今日から10月。残すところ今年もあと90日余りになりました。山はすでに紅葉が始まり、我が家の庭のやまごぼうや初雪カズラまた、カシワバアジサイもすっかり赤くなりました。これからは日1日と寒さが増してきて、陽の恋しい季節になります。ビオトープのメダカたちも池から屋内の水槽へ引っ越して暖かい冬を過ごさせます。そしてメダカのいなくなったビオトープは落ち葉が入らぬようすっぽりと網で囲い、今月中旬からいよいよ庭の冬支度に入ります。スキーパックの予約も11月よリ受付開始いたします。もうしばらくお待ちください。
2015/10/1
花の主役の交代
我が家の庭の花は季節によって主役が交代します。まずはクロッカスから始まってオダマキ・ルピナス・サクラマンテマ・ホワイトレース・ダイアスカモミール・ハニーサックル・バラ・アジサイ・ダリア・虎の尾・これからは秋明菊等々。脇役はジニア・山百合・モントブレチア・ガウラ・ホスタ等。数えたことはありませんが200種類はありますか。特別ゲストはクマガイソウやシラネアオイです。この秋まで花の舞台は百花繚乱です。
2015/8/18
夏休みの華プールオープンです
ここ七ツ森ペンション村にグラウンドやテニスコートそしてプールもあることはご存知でしょうか?。リゾート地のペンション村としては必需品?いや定番です。グラウンドやテニスコートはすでにオープンしており、いよいよ夏の華プールも7月18日オープンしました。25メートル×8コースそして幼児には幼児用プールも併設されており、ペンション宿泊の方は1日400円幼児は無料です。酷暑の中さわやかな高原の風とプールで避暑はいかがですか
2015/7/21
バイク専用ガレージあります
これからの季節颯爽と風を切って福島の自然をツーリングしてみてはいかがですか。 大内宿・高原道路・五色沼・会津の城下町・喜多方へ バイクで来る方のために電動シャッター付きのガレージ(6〜7台)をご用意いたしました。雨の日や強風の日でも安心です。
2015/7/1
福が満開、福のしま旅行券対象施設です。
朗報です!。明日より福が満開、福のしま旅行券が大手コンビニで購入出来ます。額面1万円と6千円の二種類あり、それぞれ半額で購入できますよ。購入後直接電話もしくはインターネットでご予約ください。この旅行券は宿泊代や、飲食代などに利用できます。今回は第一期で8月30日迄ですがなくなり次第終了しますので早目に購入してご予約をお待ちしております。第二期は8月31日〜11月30日、第三期は12月1日〜来年2月29日。それぞれ利用期間があります。 詳しくはhttp://www.tif.ne.jp/ryokoukenmaまで
2015/5/31
雪マジ!福島
福島のゲレンデで20〜22歳全員リフト券が無料です!(平日限定) 期間中は何度でもご利用いただけます。 詳しくは【雪マジ!ふくしま】で検索してみて下さい。
2014/12/01